フォノグラム美術館 1

フォノグラムの発見者、故・福永敏麻呂氏による膨大な遺稿資料の一部です。

氏は、私の師であり共同研究者でもありました。また、氏は、現象の解明よりも、フォノグラム自体の美しさを人々に見せたかったのかもしれません。

天体観測を始めて肉眼で行い、膨大な観測資料を残したチコ・ブラーエを髣髴とさせるような仕事です。

何も解釈を入れず、ただただ芸術作品として楽しんでいただけたら、氏も天国で喜んでくださると思います。

資料は膨大な数になります。随時UPしていきたいと思います。

Feb07253Feb07251Feb07252Feb07238Feb07230Feb07228Feb07220Feb07215Feb07213Feb07209