魔法の望遠鏡 (1)

moon月全体を視ようとすれば
当然、クレーターの細かいところまで視ることが
出来なくなります。

クレーターの細かいところまで見ようとすれば
今度は逆に、全体像を見失います。

いつも不思議に思うことの一つに

「なぜ両方を満たす視座が人間に与えられていないのか?」

ということです。

まるで、神様が人間に与えた制約条件であるかのようです。

「全体が部分を含み、部分が全体を含む。」

このような魔法の望遠鏡(顕微鏡)はあるのでしょうか?

何かの全体像を視るというのは
一つ、二つ、と数えることが出来る「対象」(Object)になった時です (Countable)。

対象の中から「時間」を剥奪し、「空間」化してしまう。

では対象の中に「時間」があるとはどのようなことをいうのでしょうか?

moon2月のクレータを視ようと「観察」するということは、月の表面に目を這わすということです。
目を這わすには、「時間」がかかります。
ほんの一瞬でもです。

しかし、月の全体を視ている時、目を這わすことはありません。
月を、「一つ」としてみています。
つまり、全体を「同時」に見ているのです。

この「同時」概念と「空間」概念は、同じ概念です。
わたしはこれを「空間的」といっています。

反対に、目を這わすような「時間」が発生する概念を
「時間的」といっています。

全体像を視ることは 空間的に見ているということであり
このことは「(可換)幾何学」的概念といっても同じことでしょう。

moon3また、全体の「部分」を見るということは 「時間的」に見ているということであり、そこには「意識の運動(走査」)が常におこります。
まるで、止まらないコンピューターのプログラムのようです。
時間的に視ているということは「アルゴリズム」的概念(代数的)といってもいいかもしれません。

同じ月を見ているのに
まったく異なるメカニズムが「意識と事象の間」で起きています。

時間と空間と認知がこのような制約条件を与えているのです。
この制約を越えることが出来るでしょうか?

上で「時間的」「空間的」といった概念のほかに
「時空的」という概念はあるのでしょうか?

解析学でいう「極限」概念がそうです。

「微分」や「フラクタル」もこの「極限」概念が基になっています。

「時空的」概念を考える時 必ず「無限」があらわれます。

moon4つづく
つづく