新ホームページ設立 *ワークショップのお申し込みは新HPにてお願いします

皆さん、こんにちわ!

フォノグラム研究も、新たな段階に突入したということで、
新ホームページを立ち上げました。

以下が新HPのURLです

http://tomoyukionoda.com/

孤独に研究していた20代~30前半、少しずつでも言葉にし始めた
ブログ:フォノグラム(音の図形)

やっと物理的証拠が出て、論文書いたのが
40代に差しかかるちょっと手前。

その後、アカデミーの対応、反応に絶望,幻滅し、
もう一人でやるしかないと覚悟を決めたのが3年前(2015年)くらい。

この間、いろいろなことがありました。

食うや食わずの中、それでもなんとか研究を続けてこれたのは、
現代という時代冥利に尽きます。

仕事を選ばなければ死ぬことはなく、
他人に後ろ指さされることを恐れさえしなければ、
お金なんてなくたって、
権威にこびへつらわなくったて凄い研究できるんです。

(これ、自分のやってやりたかったことの一つです。)

勿論、大変多くの方の助力がありました。

感謝せずにはおられないような状況が次々と起こりました。

自分が何ものであり、どこに行けばいいのか?

道に迷って、もう駄目だと、何度も思いました。

それでも、人は生かされる。

お金も仕事もなく困っていたら、
後ろから車が追突してきてコツン、
結構な額の慰謝料が入ってきたおかげで、
九死に一生を得たこともあります。

どんな危機的な状況でも、
必ず奇跡的に通り抜けてしまうのです。

こんな経験を繰り返していますと、
それが、死んだジーちゃんなのか、恩師なのか、
見えない何ものかに
守ってもらっているのは明白で、
もっと頑張れると言ってもらっているようでした。

よくよく考えれば、小さいころから、
こういう人生を歩むことは知っていたような気がします。

無意識から湧き上がる衝動、出会い、
全てが用意されてここまで来たようにも思えます。

それを知っていたから、
恐れずにここまで進んでこれたのだと思います。

こんな変な研究に人生を投じてしまう人間は、
たぶん狂人か何かに映ったことでしょう。

親族家族、友人の皆様方、大変ご迷惑をおかけしました。

いよいよこの狂人も、
市民権を得るであろうところに差し掛かっております。

とうわけで、やっと準備が整い、
表舞台に出ていこうと思う次第であります。

皆様との新しい出会いを楽しみにしております。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

小野田  智之 2017/12/21